協会の活動目的

全国的に、矯正装置を作れる歯科技工士人材が不足しており、今後も就業者数全体の減少は確実視されています。さらに、資格取得後の歯科技工士をサポートできる教育手段がなく、学習方法が各個人に委ねられているのが現状です。
本協会では、矯正装置を作る実践的なノウハウとスキルをオンライントレーニングで伝え、公認スキル認定を授与することで、高品質な矯正装置を作れる歯科技工士を増やすお手伝いをさせていただきます。

歯科技工の課題

歯列矯正を行う歯科医院が増えているのに対して、歯科技工士国家資格を取得した歯科技工士の方の離職率が高く、歯科技工士の高年齢化が進んでいることから、歯科技工士人材が不足しています。また、資格取得後の歯科技工士をサポートできる教育手段がないのが現状であり、矯正装置(矯正歯科技工物)の製造が間に合わず、装置を受け取るまでに長い時間を要することがあるという課題が日本の歯科矯正技工にはあります。本協会はこれらの課題を「技工士教育」を通して解決するために設立しました。

矯正技工講座

オンライントレーニングで作成手順を学び、対面研修でオンラインではつかめない製作技術のコツをお伝えします。さらに、添削を活用して何度も練習を重ねることで、実務で使えるレベルまでをフォローするプログラムとなっています。
プログラムを修了した方に対して、対面の検定テストを実施し、現場で役立つレベルのスキルをお持ちの方に協会公認のスキル認定を授与いたします。

お問合せ

協会へのお問合せは下記フォームからご連絡くださいませ。